淡路島(淡路市、洲本市、南あわじ市)の消防設備、無線設備機器販売点検工事、高圧ホース加工

消防設備、無線設備機器販売点検工事、高圧ホース加工、消火器販売・点検・回収処分

淡路島、淡路市、洲本市、南あわじ市、火災通報、消防防災設備点検・工事、防災無線設備、高圧ホース・加工・修理、消火器

淡路市の消防設備点検・施工、消火器のことはお任せください。

洲本市の消防設備点検・施工、消火器のことはお任せください。

南あわじ市の消防設備点検・施工、消火器のことはお任せください。

消火器販売・引取(薬剤詰替、耐圧試験)
消火器の設置基準は、防火対象物の種類、規模によって決められています。
消火器には蓄圧式と、加圧式があります。
内部に炭酸ガスボンベを内臓しており、レバーを握ることによりガスボンベが破られ、ガスが消火器内部に噴出されます。その圧力によって消火薬剤を放出します。
消火器内部にあらかじめガスが蓄圧されており、レバーを握ることによってバルブが開き、消火薬剤を放出します。
加圧式 蓄圧式
使用時に炭酸ガスボンベから本体容器全体に急激に大きな圧力がかかるため、老朽化した容器で破裂事故が起こる危険があります。そのため蓄圧式への更新が進んでいます 常にある圧力がかかっているので、一気に破裂することはありません。ゲージ付で圧力の状態を確認することが出来るので安心です。


  • 延べ面積1,000u未満の防火対象物
    ※整備(消火薬剤の詰め替え等)に当たる作業はできません。
  • 加圧式消火器については、製造年から3年以内
  • 蓄圧式消火器については、製造年から5年以内
  • ※上記の期間を超える消火器については、新しく取り替えるか、点検資格者が「内部等・機能点検」を実施しなければなりません。
外観点検
安全栓、安全栓の封又は緊結部等に異常がないか、本体容器に腐食等がないか、設置場所等に問題がないか点検します。
機器点検
蓄圧式は製造から5年、加圧式は製造から3年を経過した場合、外観点検において安全栓、安全栓の封又は緊結部等に異常が認められた場合に内部及び実際に機能するかを点検します。消火剤の詰替えも行います。
耐圧性能点検(水圧試験)
製造から10年を経過した場合、外観点検において本体容器に腐食等が認められた場合に所定の水圧をかけた場合において、変形、損傷又は漏水等がないか点検します。
蓄圧式の場合製造から5年から10年の間で全数の機器点検をする必要があります。
加圧式の場合製造から3年から8年の間で全数の機器点検をする必要があります。
その後は、2.5年の間に全数の機器点検をする必要があります。
それに加えて、10年を過ぎると水圧試験も必要になってきます。
費用、安心を考えると、蓄圧式は10年、加圧式は8年で更新することをお勧めしています。


2011年1月1日から、消火器の表示ラベルの規格が変更になり、2012年1月1日に旧形式の消火器は形式失効となりました。 現在設置されている古い表示ラベルの消火器は、2021年12月31日まで設置可能ですが、それ以降は消火器と認められなくなります
新しいラベルの規格
  • 1. 住宅用消火器でない旨
  • 2. 加圧式又は蓄圧式消火器の区別
  • 3. 標準的な使用条件の下で使用した場合に安全上支障がなく使用することが出来る標準的な期間又は期限として設計上設定される期間又は期限
  • 4. 使用時の安全な取り扱いに関する事項
  • 5. 維持管理上の適切な設置場所に関する事項
  • 6. 点検に関する事項
  • 7. 廃棄時の連絡先および安全な取り扱いに関する事項
  • 8. 消火器が適応する火災の絵表示(国際規格に準じたもの)等を図示


消火器にも寿命があります。耐用年数は、おおむね8〜10年です。(種類、設置状況や維持管理によって異なります)
 設置状況や維持管理の悪い消火器や耐用年数を超えている消火器は、破裂などの思わぬ事故につながることがあります。分解なども絶対に行わないでください。
消火器は、廃棄物処理法に基づく一般廃棄物広域認定制度(リサイクル)の対象となっており、一般のゴミと同じように処分することはできません。 消火器の処分についてお困りの方は、お問い合わせください。
弊社は、消火器の販売代理店のうち、廃棄消火器を引取ることができる特定窓口になっています。
古い消火器を処分したい場合は、弊社にお問い合わせください。
2010年以降に製造された消火器には新品用リサイクルシールが貼付されています。
リサイクルシールが貼付されている消火器を処分する場合は、「二次物流費および処理費用」はありません。ただし、引き取りをする場合等は、収集運搬費(一次物流費)および保管費をいただいています。(リサイクルシールが貼付されていない又はシールの期限が過ぎている場合は、別途リサイクル料(二次物流費および処理費)をいただきます)


消火器の操作方法は、非常に簡単です。次の3つの操作で出来ます。
1.黄色い安全ピンを上に引き抜く 2.ホースの先端をもって、火元に向ける。 3.レバーを握る。
消火の際、どうしても、炎に向けて消火器を使いがちですが、火元に消火剤を撒かないと火は消えません。
初期消火が不可能となった時に、すぐに逃げられるように逃げ道を確保しながら消火に当たりましょう。
火が天井まで広がったら、初期消火失敗です。すぐに避難しましょう。
営業時間:平日 9時00分〜17時00分
inserted by FC2 system